仕事術

相手に好印象を与える“見た目引き寄せ術”を身に付けよう!

「初対面で覚えてもらえない」「暗い印象に見られがち・・・」ほんの少し工夫で好印象を与えて人を引き寄せる秘訣をご紹介します。

服の色やしぐさの工夫で 人の心理は動かせる!

「見た目で人を引き寄せるには、最初に与える印象が命。その印象をつくるのが装いと振る舞いです」。こう話すのは、イメージコンサルタントの西松眞子さん。「時間がたてば、マナーや話し方、言葉遣いなどによって印象が変わることはありますが、ビジネスは最初が肝心。一瞬で人を引き寄せられれば、チャンスは広がります」

手軽に印象力を高めるには、服の色を意識すること。「色は無意識のうちに、人の感情や行動を左右する大きな影響力を持っています」。おすすめは、自分の顔を明るく見せる色を顔回りに取り入れる方法だ。「ビジネスというと、ついつい無難なモノトーンを選びがちですが、特にトップスは自分の顔色をよく見せる色を選びましょう」
ただし、似合う色が見つかったと思って、毎回、同じ服ばかり着るのはNG。「2度、3度、会っても同じ服だと、むしろイメージダウンしてしまいます。同じ人に会うときは新しい印象を持ってもらえるよう、色は同じでも形の違う服にするなど工夫してみて」

装いの次に気を付けたいのが、姿勢やしぐさ、表情などの振る舞い。
「人は動くものに目が行きがち。振る舞いをほんの少し丁寧にするだけで、ぐっと好印象になります」
以下のステップを参考に、印象力を鍛えよう!

STEP1 装いを磨く!

「人が五感で得る情報のうち、87%が視覚、視覚の80〜90%を占めるのが色です。好きな色が似合うと思い込んでいる人もいますが、そうとも限りません」(西松さん)。
自分に似合う色がよく分からない人は、できるだけ自然光の入る場所で、本音で話してくれる友人に客観的な意見をもらいながら、顔映りがよくなる色を探していこう!

顔色がよく見える色をトップスに

モノトーン以外に自分の勝負カラーを見つけよう!

似合う色を探すには、洋服売り場が最適。大きな鏡の前で、さまざまな色を顔に当ててみよう。似合わない色だと疲れた印象に。顔色がくすまず、透明感の出る色を探そう

シーンに応じて取り入れるべき色はこれ! 商談 カラフルな色でアピールするのは押しの強い印象に。薄めのグレーのジャケットに青系のインナーの組み合わせは、「知的さや信頼感を伝えます」 落ち着いた色の勝負カラー プレゼン 黄色やオレンジなどのビタミンカラーはパワーや情熱を伝える効果あり。ただし、ジャケットの中に着てボタンを留め、見える色の量は抑えめに ビタミンカラーや情熱カラー 面談 暖色系の色をトップスに持ってくると、「親しみを持ってもらいやすくなり、コミュニケーションを活発にする効果もあります」 暖色系のカラー ピアスやイヤリングはここに気を付けて! ピアスやイヤリングは顔の印象を左右しやすい。丸顔の人は長い直線のような形を、四角い顔の人はこぢんまりと丸い形を着けると、顔の形がバランスよく見えて好印象に

STEP2 振る舞いを磨く! 振る舞いの3要素 表情 姿勢 しぐさ

「どれだけ服装が決まっていても、言葉遣いがきれいでも、振る舞いが美しくなければ、あなたの魅力も印象も台無しです」。そこで、振る舞いを構成する姿勢、しぐさ、表情の3つを磨く方法を伝授。どれも、ちょっとした工夫で印象力をぐっと上げることができるものばかり。すぐに実践してみて

表情 基本は自然な笑顔 NG 口角の上がり方が不自然 OK 口角が均等に上がっている 自然な笑顔のポイントは口角。鏡の前でチェックして、どちらか一方の口角が高く上がっていると不自然に見えるので、表情筋を鍛えるトレーニングを! 表情筋を鍛えよう! 舌を思い切り出したままで15秒間キープ。口角の引き上げと合わせ、それぞれ毎日5回ずつ繰り返そう 人さし指を左右それぞれ口角に当てて、口角と頬の筋肉を引き上げて30秒間そのままキープ

疲れていることを隠すには… メイクは少し派手めにして、目をぱっちり&ビッグスマイルで 疲れているときは肌自体がくすんで見えるもの。「そのときはメイクの力を借りて!」。目元や肌をしっかりメイクした上で、目をぱっちり開き、口元も大きく動かすことで、「目元のクマなどに気づかれにくくなります」 NG ノーメイクは引き寄せ力を下げる! ビジネスの場では、メイクも身だしなみの一要素。ノーメイクは基本NG。「ファンデーションとリップくらいはつけましょう」

姿勢 背筋は真っすぐ伸ばす! 相手の目をきちんと見てコミュニケーションするためにも、姿勢が伸びていることは基本。上半身全体を意識して背筋を伸ばして NG 前のめりになりすぎは注意 上半身を前に傾けると、相手の話に興味がありというサイン。ただし、「相手のパーソナルスペースに入らないよう注意して」 胸元にも顔があるイメージで 「胸元にもう一つ顔があって、その顔にもシワが寄らないようにとイメージすると、挨拶をするときでも簡単に背筋が伸びます」 しぐさ 物を渡すときは丁寧なしぐさで 手に取る 渡す ペンなどは親指・中指・薬指で持ち、手のひらを見せて渡す 両手できちんと持って渡す 手元の動きを少し気を付けるだけで、“丁寧な人”という印象に。「手の甲を見せたままだと心を閉ざしている印象を与えるので、できるだけ手のひらを見せて」 話を聞くときは相手の目を見てうなずく 相手の目を見ていても、無表情で動きがなければ、観察しているように思われることも。「笑顔でうなずきながら聞くと、好印象を持たれます」

この人に聞きました

国際イメージコンサルタント
西松眞子さん

大学職員を経た後、心理カウンセラーとして活動。01年から現職。個人向けレッスンのほか、講演活動も行う。『上品なしぐさとふるまいのマナー』(日本実業出版社)、『1秒で好かれる技術』(クラップ)など著書多数

2014年10月号「日経ウーマン」より

過去記事の一部をご紹介

  • mixiチェック