ハケンPlus

理想の働き方を実現するための仕事の選び方

キャリアプランや将来について考えるうえで、自分にとっての理想の働き方はどんなものか考えたことがある人は多いのではないでしょうか。出産や子育てといったライフイベントも考慮して、自分に最適な働き方を選ぶことは、キャリアプランの実現においても大切なことです。
そこで、理想の働き方のパターンや、理想の働き方を見つけるためのポイントについてご紹介します。

あなたにとって仕事とは?

理想の働き方を見つけるために、まずは自分の人生において仕事はどのような位置付けにあるのかを考えることが大切です。働く目的や仕事に対する価値観を明確にすることで、自分が仕事に求めるものは何かが見えてくるでしょう。
ここでは、あなたにとって仕事とは何かのヒントになる、働く目的を3つご紹介します。

1 理想の自分になるための「自己実現の方法」

やりがいやキャリア形成など、理想の自分になるための自己実現の方法として、仕事に取り組んでいる人も多いでしょう。仕事をこなすことで充実感や達成感が得られ、周囲からの評価は自信にもつながります。仕事を自己実現の方法としてとらえることで、将来の目標やビジョンが明確になり、生活にメリハリも生まれます。キャリアアップにおける昇給や知識の習得、スキルの向上なども働くことへのモチベーションになるでしょう。

2 生活するうえで「経済的に必要なもの」

一方、働く人のなかには仕事を生活や豊かな暮らしをするための手段と捉えている人もいるでしょう。労働の対価として収入を得ることは、仕事をする目的のひとつであり、生きていくうえで欠かせないものです。経済的に安定することで、仕事だけでなくプライベートも充実させることができるため、ワークライフバランスを重視する人もこのタイプに該当します。

3 居場所や存在意義を見いだすための「社会とのつながり」

仕事は社会とのつながりを作る役割もあり、居場所づくりや存在意義を見いだすための方法でもあります。出産や子育てを機に退職する人もいますが、社会とのつながりを持ち続けることで、家庭とは別の自分の居場所を確保することができます。産休や育児休暇、時短勤務といった制度を活用し、社会とのつながりを保つことで家庭とのバランスも保ちやすくなるでしょう。

女性のライフステージの変化における理想の働き方

女性の場合、仕事を続ける中で出産や子育てなどのライフステージの変化に応じて、柔軟に働き方を変えていきたいという人も多いのではないでしょうか。近年は、女性が働くことに対する意識に変化が生まれ、共働き世帯も増加しているという背景もあり、よりフレキシブルな女性のワークスタイルの確立が求められています。
ここでは、出産や子育てを前提とした場合の理想の働き方パターンを、「そのまま仕事を続ける」「一度退職し、プライベートが落ち着いたら再就職する」という2つのタイプに分けて見ていきましょう。

育休・産休制度を利用してそのまま仕事を続ける

出産や子育てをするために退職や転職をせず、現職のまま産休や育休、時短勤務といった制度を活用して仕事を続けた場合、出産や子育てが落ち着いてからスムーズに仕事に復帰しやすく、スキルやキャリアを生かすことができます。
産休や育休制度の有無や取得のしやすさ、時短勤務などが可能かどうかといった福利厚生を確認しておくことが大切です。また、すでに職場でそれらの制度を活用しているモデルパターンがあるかどうかも、利用しやすさに影響するといえるでしょう。

一度退職して、プライベートが落ち着いたら再就職する

結婚や出産・育児などを機に退職し、プライベートが落ち着いたころに再就職する場合、再就職できるだろうか、これまでのキャリアが無駄になってしまうのではないか、という不安を感じるかもしれません。しかし、同業種への再就職もしくは異業種への転職で、これまでのスキルや経験を生かした理想の働き方ができるかどうかをしっかりとリサーチしておくことで、再就職への不安もやわらぐはずです。
昨今では、人材不足を背景として、自治体や民間などでも主婦の再就職を支援する動きが高まっています。そのようなサービスを利用すると、効率よく情報収集や転職活動を行うことができるでしょう。なお、産休や育休制度を利用しての復職と違い、再就職をする場合は、転職活動をするための準備期間も必要となりますので、働き始めたい時期より早めに準備を始める必要があります。

理想の働き方を実現するための仕事の選び方

理想の働き方を実現させるためには、どんなことに気を付けて仕事選びをすればいいのでしょうか。どんなキャリア形成ができるのかや転職のしやすさ、会社の制度が整っているかなど、理想の働き方を実現させるために覚えておきたい仕事選びの4つのポイントを見ていきましょう。

ポイント1 どんなキャリア形成ができるのか

その業界や職種、会社で働くことで、理想的なキャリア形成ができるのかどうか、事前にリサーチしておくことが重要です。キャリアアップ例や年収、柔軟なワークスタイルに対応しているのかどうかなど、目指すキャリアをイメージしながら情報収集していきましょう。実際に働く従業員のインタビューなども参考になります。

ポイント2 転職のしやすさ

スムーズに転職ができる職種であるかどうかも、理想の働き方を実現するためには重要です。転職が難しく、それまでに築いてきたキャリアや経験を生かせない仕事をすることになってしまっては、モチベーションも下がる原因になりますし、経済面でも苦労する恐れがあります。同じ職種における、女性の転職成功事例を確認するのもおすすめです。

ポイント3 会社の制度が整っているか

産休や育休制度の取得率や時短勤務制度の有無など、会社の制度が充実しているかどうかも大切なポイントです。福利厚生をはじめとした制度が充実していないと、ワークライフバランスを重視した働き方の実現は難しいでしょう。時短勤務の必要がないと感じている人も、定時上がりのしやすさやノー残業デー、フレックス勤務の有無やリモートワークの導入など、余裕を持って働けるかどうかをチェックしてみるのがおすすめです。

ポイント4 モデルパターンがいるかどうか

子育てをしながら働く場合、モデルパターンがいるかどうかも柔軟に働くことができるかどうかの重要なポイントです。すでに子育てをしながら働いているモデルパターンがある場合、会社や従業員が子育てに理解があることが多く、理想の働き方を実現しやすいでしょう。
従業員のインタビューや会社のウェブサイトなどでそのような事例がないかをチェックしてみるのもおすすめです。

自分にとっての理想の働き方を見つけよう

働くことの目的や価値観、ワークライフバランスに対する考え方などは人それぞれのため、理想の働き方も一人ひとり異なります。まずは、自分の仕事に対する価値観や目標、キャリアプランを明確にして、理想の働き方を実現できる環境で働く準備をしていくことが大切です。 事前にしっかりとプランを考えてから動くことで、これまでのキャリアを無駄にすることなく仕事を続けていくことができるのではないでしょうか。

過去記事の一部をご紹介

  • mixiチェック