ライフハック

一年の締めくくりに、ゆっくり楽しみたい冬の女子旅

冬は、寒くて外に出るのがおっくうになりがちですが、雪景色やイルミネーション、海の幸など、冬の旅にはたくさんの魅力があります。年末年始はゆっくり家で過ごすという人も、この冬は少し足を延ばして、女同士で贅沢な旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。
ここでは、おすすめの冬の女子旅スポットをご紹介します。

冬旅がおすすめの理由

冬は一年で最も空気が澄んでいる季節のため、美しい自然に出会える季節でもあります。また、寒い時期だからこそ、温泉で温まったり、海外のリゾートに出掛けたりという楽しみ方もあります。
ここでは、冬の旅がおすすめといえる5つの理由を見ていきましょう。

1 長期休暇を取りやすい

多くの企業が休業する年末年始は、一年の中でも休みを取りやすい時期。年末年始休業の前後を調整して、1週間以上の休暇を取れる場合もあるのではないでしょうか。
会社ごとに休暇の時期が異なる夏季休暇などと違い、友達と休みを合わせやすいというメリットもあります。そのため、小旅行から海外旅行まで、楽しみ方の選択肢が多いのも冬の旅の良いところです。

2 冬の絶景や旬の食材が楽しめる

せっかく旅に出るのなら、見たことのない美しい風景を見たいもの。澄んだ夜空にきらめくイルミネーションや一面の雪景色などの絶景に出会えるのも、冬の旅の醍醐味です。また、北海道や日本海などの寒い地域では、おいしい旬の海鮮料理が食べられます。

3 イベントが豊富

雪祭りにクリスマス、お正月、イルミネーションなど、冬はイベントが多い季節でもあります。雪景色の中、歴史的な建造物とライトアップのコラボレーションや、その地域の風土を反映した正月のお祝い行事など、この季節にしか体験できないイベントも満載です。
海外まで足を延ばして、ヨーロッパで本場のクリスマスを楽しむのも一生の思い出になることでしょう。

4 海外への航空券が比較的安い

冬は、クリスマスや年末年始などの繁忙期以外であれば、比較的海外への航空券が安いといわれる時期です。有給休暇が使用できる場合には、年末年始休暇を延ばすことで、ゆっくりと旅行が楽しめるのではないでしょうか。
夏場より航空券の費用が抑えられるため、ホテルをグレードアップしたり泊数を増やしたりと、旅の自由度も上がりそうです。

5 リゾート旅も楽しめる

夏のイメージが強いリゾート旅ですが、海外では過ごしやすい気候でゆっくり滞在できる場所も多くあります。中でも、台湾やベトナム、タイ、フィリピンのセブ島、インドネシアなどの観光地やリゾート地がおすすめ。過ごしやすい気候の中で、観光やマリンスポーツ、アクティビティが楽しめます。また、観光スポットも比較的混雑していないため、旅行もしやすいといえるでしょう。

冬の女子旅の計画を立てよう!

ここからは、冬の女子旅におすすめのスポットをご紹介します。
絶景、グルメ、温泉など、目的を決めて旅の計画を立てるのも楽しみのひとつではないでしょうか。

まだ知らない日本を探す旅
雪まつりやイルミネーションを見に行こう

見慣れた風景でも、季節が違えば印象はガラリと変わるもの。そんな「知っているようでいて、実は知らない日本の魅力」のひとつが、冬にしか見られない雪景色やイルミネーションです。
氷彫刻の世界大会や巨大な雪像のコンテストが開催される北海道の「旭川冬まつり」や、雪灯篭が立ち並び、江戸時代の宿場町の冬にタイムスリップしたかのような感覚が味わえる福島県の「大内宿雪まつり」など、各地で雪まつりが開催されます。また、山梨県の「山中湖富士山雪まつり」や新潟県の「つなん雪まつり」、栃木県日光の「中善寺温泉カマクラ雪まつり」など、首都圏から近い場所の雪まつりもおすすめです。
1995年に世界遺産に認定された岐阜県の「白川郷」でも、ライトアップのイベントが開催されています。純白の雪の中で幻想的な景色を見られるのは、冬の夜に訪れた人だけなの特別な時間となることでしょう。そして、北海道の知床では、砕氷船から流氷が見られます。特に、朝日や夕日とともに、すばらしい景色が見られるサンライズ・サンセットクルーズがおすすめです。流氷は、自然の中で馬に乗るホーストレッキングをしながら見ることもできます。

日本の冬を感じる旅
雪景色で温泉やアクティビティを楽しもう

温泉やウィンタースポーツは、冬の楽しみのひとつ。例えば、宮城・山形エリアにある蔵王は、温泉とスキー場がセットで楽しめる上、ロープウェイからライトアップされた「樹氷林」の眺めや、パワースポット巡りなどが楽しめます。
また、トライしたことがないアクティビティに挑戦するのもおすすめ。スキー板を履いて雪景色の中を歩く「クロスカントリースキー」は、長野県の白馬や安曇野などで体験できます。ほかにも、長野県や青森県では、雪の上で乗馬を楽しむ「乗馬スノートレッキング」、北海道釧路では野生動物を間近で観察しながら川下りを行う「ウィンターカヌー」、北海道の富良野や十勝などでは、雪景色の中で熱気球フライトが楽しめます。初心者でも楽しめるものも多いため、スキーやスノーボードが苦手という人でもトライしやすいのではないでしょうか。

旬の食材を味わう旅
冬の味覚を贅沢に堪能しよう

冬の女子旅では、ふぐやカニ、寒ブリなどの冬の味覚も、外すことができない旅の楽しみ。
冬の味覚の代表格ともいえる、山口県下関市のふぐ料理や、一般的には2年で出荷されるふぐを3年かけて育てる淡路島のとらふぐ、石川県や福井県、鳥取県の名物であるズワイガニ、日本一といわれる富山の氷見の寒ブリなど、全国各地で冬の味覚が楽しめます。
ほかにも、低カロリーで味わい深い猪肉を使った群馬県の牡丹鍋や、京都では鴨肉を使った鴨鍋など、ご当地鍋料理も見逃せません。また、その土地の地酒とともに料理を楽しむのも、旅の醍醐味といえるでしょう。東北や新潟などの酒蔵では、一度も火入れをしていない「しぼりたて」と呼ばれる日本酒など、冬にしか味わうことのできない名酒を堪能することができます。

新しい世界に出会う旅
本場のクリスマスを体験しよう

航空券の費用がお得になる冬は、海外に出掛けるチャンスでもあります。
ツアーを利用して、ドイツをはじめとするヨーロッパのクリスマスマーケットを巡ってみてはいかがでしょうか。小物やオーナメントなどの雑貨屋を覗いてみる、おいしいワインや伝統的な菓子を味わったりすることで、日本の12月とは一味違った素敵な時間を過ごすことができるでしょう。
イルミネーションに彩られた街並みを歩くだけでも、すばらしい発見がありそうです。エストニアのタリンやクロアチアのザグレブ、チェコのプラハなど、大人がゆったりと楽しめるクリスマスマーケットも人気を集めています。

女子旅で冬の思い出を作ろう

年末年始に向けて、仕事も追い込みとなり、忙しい方も多いはずです。一年の締めくくりに、がんばった自分へのご褒美として、冬だからこその女子旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。
ゆっくりと心と体を癒やして、新たな気持ちで新年を迎えましょう。気の置けない友達と、冬の旅行の計画を立ててみませんか?

  • mixiチェック