ENTRY No.28ENTRY No.28

たしのキャリア

四年制大学を卒業後、電機メーカーのSEを経て、SEサポート業務に7年従事しました。 夫の転勤を機に退職。子供を一時託児に預けて、派遣会社のセミナーに通い、再就職を夢見つつキャリアの充電をしました。子どもの小学校入学を機に事務職のパートを開始。長く働くうちに職場での責任は増える一方、家族にしわ寄せが行くことに悩み退職。その後も単発で、国家試験の監督や各種イベント、株主総会の受付等の仕事に従事しました。その後、ちょうど子供の手が離れた頃、医療事務の仕事が自分に合うと感じ、それ以来4年勤務しております。

ーニングポイント

 今の職場での在職中に乳ガンが見つかり、休職、そして復帰したときです。職場の支えもあり、自分や家庭の時間のために仕事の担当範囲を調整できるようになり、いいペースで働けるようになりました。 それまでさまざまな職種を経験した軌跡は「自分探しの旅」で、よい職場に出会えたことは正に自己実現そのものでした。人間関係にも恵まれ、今は仕事が楽しくて仕方ありません。今まで子育てに割いていた思考と時間を、今後は自分のキャリア実現にシフトしていく時期に入ります。今まさに、第2のターニングポイントを迎える時期だと思います。

分らしく働くとは?

その時々の自分の状況にあった働き方をすること。それと興味を持った仕事に積極的に挑戦することです。新しい仕事を経験する度に違う世界が膨らみ、そこで得た知識や経験が自分の糧になる瞬間にはやりがいを感じます。

後のキャリアについて

先日アデコ主催の「マネープランニングセミナー」に参加したことにより、今後の私の羅針盤ができただけでなく、FP資格取得への挑戦を決意しました。夢はふくらみます。いくつになっても立ち止まってはいられないものですね!