ENTRY No.19ENTRY No.19

たしのキャリア

韓国の大学で日本語を勉強し、1年間の大阪留学がきっかけで日本で働きたいという目標ができました。大学の先輩からAdeccoを紹介してもらい、今はAdeccoを通して東京で外資系企業の広告のお仕事をしています。最初、新しい環境や人に慣れることはなかなか難しいことでした。しかし、同僚やAdeccoの方からサポートしてもらい、今は毎日楽しい日々を過ごしています。また、日韓のカルチャをテーマとするコミュニティー活動をしています。今後、より多様なキャリアに挑戦していくことが楽しみです。

ーニングポイント

Adeccoのワーホリプログラムは私のキャリアの大きなターニングポイントです。大学卒業後、初めての職場が日本であったため、漠然とした心配がありました。そのような私に日本のビジネスマナーや環境についてさまざまなアドバイスをしてくれたのがワーホリプログラムです。そして一度も考えたことのないキャリアの設計や実践方法も教えてもらうことができました。特にPDCAの目標を設定したことがきっかけで、仕事の面でもプライベートな面でも、より豊かな生活が過ごせました。これからもさまざまなキャリアにチャレンジしていきたいです。

分らしく働くとは?

現在自分ができることに積極的にチャレンジすることが重要だと思います。そして、プライベートな時間も充実することも必要だと思い、休日にジムに行って運動をしたり、旅行に行ったりしてリフレッシュしています。

後のキャリアについて

グローバルな仕事に興味を持ち、現在、英語を勉強しています。私の強みである言語と多様な文化経験を活かして国の方々に出会える海外営業職に挑戦してみたいと考えています。