ENTRY No.11ENTRY No.11

たしのキャリア

短大を卒業後、都内の会社に一般職として採用され、社内プログラマー、営業アシスタント、管理部門といくつかの業務を経験後、結婚。妊活のために6年3カ月で退職。約10年間は、2人の子供の育児に専念しつつ、学校の委員会活動や居住地域の自治会活動に参加。今年度より息子の大学の後援会理事に就任しました。社会復帰は、30代後半から知り合いの紹介でアルバイト、その後派遣社員を経て1年前より、六本木のPR会社で週3日営業アシスタントとして働いています。臨機応変な対応を求められますが、とてもやりがいのある仕事です。

ーニングポイント

1年半ほど前にアデコのキャリアデザインセミナーに参加、自分を見つめ直した際、やりたいことについて「転職をする」とつい、筆が走りました。「書いたからには、やるんですよ」という講師の笑顔いっぱいの激励に背中を押され、すぐに転職活動を開始。2カ月ほどかけて現職のPR会社勤務が決まりました。転職活動の間は家族や友達にもそのことは伝えず、まさに”孤独な戦い”でしたが、現在、私の娘が就職活動中で慣れない活動に時折私に愚痴をこぼすことがあるのですが、その姿に共感しつつ、私が経験したことを基にフォローをしている日々です。

分らしく働くとは?

家庭と私自身との両立です。家族が一番の宝物なので、家事をがんばるといいますか、家族が元気で笑顔あふれる環境を作っていきたい。そして、私も仕事を通してささやかですが社会貢献も続けていきたいです。

後のキャリアについて

今の仕事を続けながら、やってみたいことが2つあります。ひとつは今までの人生を振り返ってエッセイを書き、それらを1冊の本として出版すること。もうひとつは、大学で心理学を学んでみたいと考えています。