語学講座

すぐに使えるビジネス英語 Learning English

SCENE9 E-mail あいさつ(Greeting)編

英語で書くビジネスメールの一般的な構成は、敬辞(Salutation)、あいさつ(Greeting)、本文(Body)、末文・結辞(Conclusion and Closing)となります。

QUIZ青山さんは、ABC Corporationに英語でEメールを書くことになりました。ABC CorporationにEメールを送るのは、今回がはじめてで、ホームページに掲載されている、問い合わせ窓口のメールアドレスに送ります。
このとき用いるあいさつとして、もっともふさわしいものはどれでしょうか。

  • A. Hi! How are you?
  • B. Thank you for your interest in our products.We are pleased to hear that they are very useful to you.
  • C. My name is Minami Aoyama of Easy 123 English. We are an English language school located in Tokyo.
  • D. It is nice to meet you.

正解 C

あいさつは、はじめてメールを送る場合は自己紹介を、メールに対する返信の場合はその感謝を示すなど、状況に合わせて使い分けます。
今回は、メールアドレスや敬辞の内容からもわかるように、メールを送る企業の担当者と面識がないため、自分と会社を紹介する文章が必要になります。

そのほかの選択肢についての解説

A:友達や家族に送るメールには向いていますが、ビジネスシーン、特に今回のように面識のない相手に送る場合は、適切ではありません。

B:ABC Corporation にはじめて送る場合を想定していますので、「弊社の商品に興味をおもちいただきありがとうございます。」という内容は適していません。

D:“It is nice to meet you.”は、「はじめまして」「お会いできて光栄です」の意味で、実際に相手と対面しているシーンで使用します。Eメールでは使用しません。

ポイント

状況に応じて、あいさつの内容や程度は変えるとよいでしょう。

Let’s Practice! 声に出して練習してみましょう。

会社名、業種、所在地を入れ替えて、自己紹介をしてみましょう。

Dear Sir of Madam:

My name is 【あなたの名前】 of (1)会社名  .
We are (2)業種  located in (3)地名  .

    1. (1)XYZ Mart
    2. (1)ABC Motor Corporation
    3. (1)Wonder Travel
    4. (1)Fun Park
    1. (2)sporting goods retailers
    2. (2)automobile manufactures
    3. (2)a travel agency
    4. (2)a family entertainment theme park
    1. (3)Tokyo
    2. (3)Osaka
    3. (3)New York City
    4. (3)London