ENTRY No.06ENTRY No.06

たしのキャリア

大学卒業後は、大手都市銀行に就職し、外交担当としてお客さまを訪問し定期預金の満期のご案内などの業務に携わり、3年目に大学時代の先輩と結婚退職。子育て期間中に、夫が継いだ家業の手伝いのため、専門学校の通信課程で理容師の資格を取得、シャンプー、シェービング、カラーリング等の業務で、お店を手伝っていました。諸事情あり40歳のとき転居、フルタイム勤務に転職後は、大手カード会社で、電話によるカード発行システムのご案内業務を経て、現在は公益財団法人の事務局で経理事務等を担当しています。通信教育にて日商簿記検定2級、行政書士試験に合格し、日々の業務に知識を生かしつつ、受験指導の業務も請負っています。

ーニングポイント

私のターニングポイントはズバリ、40歳のときの離婚です。実家にお世話になると決まったものの、2人の小学生の子どもを連れて、生活費を一人で稼がなければならず、途方にくれました。できるだけ子どもたちのそばにいたいという気持ちが強かったため、土日勤務の理容師の仕事は辞め、月曜から金曜までの正社員でのフルタイム勤務で探しましたが、銀行員時代の友人のアドバイスもあり、一般事務での職歴に空白期間があるため、最初は派遣社員で働きました。PCでの簡単なエクセル作業も初めてだったため不安もありましたが、各種セミナー等を受講しながら乗り切りました。業務に必要な知識を習得するために努力することが大切だと感じます。

分らしく働くとは?

常に、どうしたらもっと上手くいくか、効率的な方法はないかと考えながら仕事をし、新しい方法にチャレンジしながら、工夫すること、そしてそれを楽しめるのが自分らしい働き方かなと考えています。たとえ単純な作業であっても、新たな発見があると嬉しくなり、やりがいを感じることができます。