ENTRY No.05ENTRY No.05

たしのキャリア

大学を卒業後、百貨店に就職し、正社員としてインテリア用品の販売、仕入れ補佐業務を担当しました。4年間勤務しましたが、大学時代からの通訳になるという夢を諦めきれず、思い切って退職して通訳を目指すことを決めました。通訳学校に通いながらアルバイトをする生活を1年間続けました。学校での進級に伴い、英語力を活かした仕事を紹介していただけ、派遣社員としてショールームでの外国人対応業務、製薬会社での外国人付アシスタントの仕事を経て1年程前より念願の通訳として仕事をしています。夢だった仕事に就くことができて毎日充実しています。まだまだ未熟ですが、日々勉強させていただきながらもっと上達して、皆さんの役に立ちたいです。

ーニングポイント

4年間正社員として勤めた会社を退職したのが私のターニングポイントでした。夢を追いかけたい一方で、海外在住経験のない私が本当に通訳になれるのか、正社員のポジションを手放してしまっていいのだろうかと当時はとても不安な気持ちになりました。しかし、やりたかった事にチャレンジせず諦めてしまうと後々絶対に後悔すると思ったことで夢に向かう決断ができました。経験が重要な通訳の世界では未経験がないため、なかなか仕事が見つからず焦ることもありましたが、意欲を買ってくださりチャンスを与えてくださったアデコの方、そして今の職場の方には心より感謝しています。あの時の決断がなければこういった幸運にも恵まれなかったと思っています。

分らしく働くとは?

自分の好きなことや得意なことを仕事にし、社会に貢献できていると感じることが、私にとって自分らしく働くことです。自分の好きなことであれば日々の勉強もモチベーション高く取り組めますし、自分の仕事に対して感謝の言葉を頂いたときの喜びもより大きいものになります。