ENTRY No.01ENTRY No.01

たしのキャリア

高校を卒業後、夢であった派遣の営業に就きました。想像以上に大変でしたが、スタッフの笑顔と雇用を守れている自信など、とてもやりがいを感じてました。その後は結婚妊娠を機に退職し、出産後はやはり社会に出たいと感じてました。派遣の営業に戻ることもできましたが、不定期の中での初めての子育てはやはり無理があると感じ、逆の立場から見てみるとまた違い気付きがあるのではと、スタッフとして働いてみようと思い今の総務事務をしています。今は育児だけではなく、仕事にもやりがいを感じ、子育ても楽しく、今までの私の人生の中で、仕事、育児、家庭と時間を有効に使え、派遣としての働き方でよかったと思います。今とても幸せな毎日を送ってます。

ーニングポイント

仕事を始めると決めた時、認可の保育園申請もしてましたが、待機児童が多い区で仕事をしてないと入れないと言われました。アデコに登録に行った際も、保育園は決まってませんでしたが、面談の際に親身になってコーディネーターが話を聞いてくれ、今の職を紹介してくださり、無認可保育園で預ける事を決意し、今の職で働くことができました。子どもが居るなかでの仕事は迷惑をかけることも多かったですが、職場の理解もあり融通も効かせてくれ、本当に幸せな職場に出会えたと感謝しています。私はアデコのコーディネーターとの出会い、今の職場に出会えたこと、ママでも諦めなければ仕事も家庭も幸せにできると思わせてくれた今がターニングポイントです。
子どもが大きくなったとき、次は同じ悩みを持つママ達に私の経験を生かし、少しでも道を切り開いてあげれる派遣のコーディネーターになるのが夢です。

分らしく働くとは?

私は「人生一度きり」と思って生きています。子どもを産んだから、仕事を諦める事、女を捨てること、自分自身を捨てること、何かを言い訳にしたら、確かにそこに答えはあるけど、今死んだら後悔すると思って生きてます。なので主人にも子どもにも、私の仕事には理解してもらい、仕事場の仲間にも、家庭を理解してもらってます。この三角関係は逃げずに話あって来たからです。自分の意思を強く持つこと、逃げないことが今の私らしく働くを作ってます。