仕事を探す:業界・職種:語学系(英語)の仕事情報 【あいさつ編】上司・同僚への自己紹介

初対面のあいさつは、お互いが敬意を持って接する場です。形式にこだわる必要はありませんが、第一印象を損なわないためにも、相手の目を見て、笑顔で自己紹介することが重要です。ビジネスでの自己紹介は、「どんな人か(趣味やプロフィール)」という点よりも「何をする人か(部署や仕事内容)」を明確に伝えることが特徴です。

自己紹介の重要なポイント

ポイント1名前と役割を明確に

仕事を円滑に進めるためには、名前と役割が一致する必要があります。まずは、名前(フルネーム)、部署、肩書き、仕事内容を明確に伝えましょう。また、外国の方とのあいさつといえば「握手」が定番ですが、自ら握手を求める必要はありません。会釈で敬意は伝わります。

ポイント2呼びやすいニックネームを

外国の方にとって、日本人の名前は発音しにくいもの。そこで、呼びにくそうな名前の場合には、ニックネームを用意しておくのもコミュニケーションのコツ。また、初対面の相手や目上の人には、「Mr.」「Ms.」をつけて名字で呼ぶのが通例ですが、下記の例のように「名前(first name)で呼んで」といわれることもあります。呼び捨てに抵抗がある場合は、「さん」をつけるのも方法です。

ポイント3社外の人との自己紹介

社外の人と会うときも、社名を伝えて、名刺を渡す点を除けば、基本は同じです。重要なのは、名前と役割です。「こういう案件の際には、名刺のメールアドレスや電話に連絡してください」と、伝えましょう。アイコンタクトと笑顔も忘れずに!

自己紹介の会話例

外資系企業へ派遣されたユウコさん。彼女は上司であるサラのアシスタントとして働く予定です。同じチームの同僚へはじめて自己紹介をする場合、どうすればよいでしょうか?

会話例

ユウコさん:Nice to meet you, Mr. Davidson.
I am Yuko Kimura from South-East Sales Division.
トムさん :Nice to meet you, too, Yuko-san. Are you in Sara's Team?
ユウコさん:Yes I am her assistant. I just arrived today.
トムさん :Well, please call me, Tom. If you need help, let me know anytime.

語学系の仕事をお探しならアデコにご相談ください

アデコでは、英文事務、英文経理、翻訳や通訳まで、幅広い仕事をご用意。豊富な派遣先企業、勤務地の中から、あなたの語学力に合った仕事をご紹介しています。

アデコに登録:新しくウィンドウが立ち上がります