仕事を探す:業界・職種:語学系(英語)の仕事情報 英文レジュメ(職務経歴書)の書き方

採用担当者は、多くのレジュメに目を通すため、「ななめ読み」することも少なくありません。長過ぎるレジュメやわかりにくいレジュメは、敬遠されがちです。また、レジュメは作文ではありませんので、長さやボリュームと熱意は比例しません。
書き方のポイントをおさえて、簡潔に、かつしっかりと自己アピールできるレジュメを作りましょう。

英文レジュメの書き方の重要なポイント

ポイント1シンプルでわかりやすく

レジュメは、書類作成能力・英語力・まとめ方の評価基準となるものです。誰が読んでもわかりやいように、シンプルにまとめましょう。一般的には、新しい職歴から年代順に記載します(Chronological Format)。スキルを強くアピールしたい場合には、機能別に記載します(Functional Format)。

ポイント2基本的には1枚に(職歴の長い方は2枚程度に)

レジュメの枚数は、大学院を卒業した方や10年以上の職務経歴のある方はA4で2枚程度、それ以外の方は1枚で納まる程度がふさわしいでしょう。一般的なフォントとサイズは、Times New Romanの10もしくは12です。

ポイント3応募する職種・仕事内容を意識し、専門性を高くみせる工夫を

仕事の経歴や学歴の羅列ではなく、応募する職種や仕事内容を意識して、自分を売り込むよう工夫します。ビジネスワーズ、アクション・ワーズと呼ばれる言葉を用いると、専門性を高く、効果的に見せることができます。

英文レジュメ作成例

最低限必要な項目を記入した場合の英文レジュメ(職務経歴書)のサンプルです。書き終えたら、スペルの間違いなどがないか最終チェックを忘れずに。

  • 見本(サンプル)

※数字にマウスを乗せると、各項目の書き方のポイントが表示されます。

(6)SKILLS (5)EDUCATION (4)WORK EXPERIENCE (3)SUMMARY (2)OBJECTIVE (1)HEADING

英文履歴書(レジュメ)のサンプルをダウンロード

下記より「英文履歴書(レジュメ)」のサンプル(Word)をダウンロードいただけます。

語学系の仕事をお探しならアデコにご相談ください

アデコでは、英文事務、英文経理、翻訳や通訳まで、幅広い仕事をご用意。豊富な派遣先企業、勤務地の中から、あなたの語学力に合った仕事をご紹介しています。

アデコに登録:新しくウィンドウが立ち上がります