よくある質問派遣について

よくある質問

「一般派遣」「無期雇用派遣」「紹介予定派遣」の違いとは

一般派遣

通常は登録型の派遣といわれています。登録型とは、派遣で働きたいと思う人が派遣会社に登録し、派遣会社から紹介される派遣先企業で派遣就労する期間について派遣会社と雇用契約を結ぶといった形態のものをいいます。

無期雇用派遣

無期雇用派遣とは、アデコと無期の雇用契約を結びアデコと取引のある企業へ派遣という形で配属される働き方です。無期の雇用契約となるため、安定して働くことができます。長期的なキャリア形成を目指したい方におすすめです。

紹介予定派遣 Temp to Perm(テンプ トゥ パーム)

派遣契約終了後、派遣先企業に従業員などとして職業紹介をすることを約束して行う派遣のことです。派遣期間中に派遣先は派遣スタッフの業務遂行能力などが直接雇用するのにふさわしいかどうかを見定め、派遣スタッフは派遣先における仕事内容や職場環境が自分に合うかどうかを見定めて、双方の意見が合致してはじめて職業紹介に至るといったシステムです。

「人材派遣」と「転職支援」の違いとは

「人材派遣」は、派遣会社が雇用する派遣スタッフを派遣先企業の指揮命令のもと、業務を遂行するために一定期間派遣するサービスです。

「転職支援」とは、正社員などの求人のあるクライアント企業に対し、転職希望者である求職者をあっせんするなどの職業紹介をするサービスです。

派遣でできる仕事の種類は決まっていますか

禁止されている業務(建設業務、港湾運送業務、警備業務、医療関係業務など)を除き、ほとんどの業務に関して派遣が可能です。

このほかに、派遣の範囲として禁止されている事項もありますので、詳細は下記ページの「労働者派遣の範囲」をご確認ください。

派遣社員として、同じクライアント企業でどのくらいの期間働けますか

改正労働者派遣法の施行日(2015年9月30日)以降に締結・更新される労働者派遣契約から、すべての業務に対して、派遣期間に次の2種類の制限が設けられました。
(派遣元で無期雇用されている、または60歳以上の派遣労働者等を除く)

1.派遣先事業所単位の期間制限

派遣先は、 同一の事業所で派遣を受け入れられる期間は、原則、3年が限度となります。
3年を超えて受け入れようとする場合は、派遣先の過半数労働組合等からの意見を聴く必要があります。

2.派遣労働者個人単位の期間制限

派遣先の事業所における同一の組織単位に派遣就業できる期間は、原則、3年が限度となります。

  • 経過措置
    2015年9月30日時点で既に締結されている場合は、その労働者派遣契約が終了するまで、改正前の法律の期間制限
    (26業務以外の業務の派遣期間は、上限を原則1年、最長3年とするもの)が 適用されます。