派遣を知る:スタッフインタビュー Tさん(英文事務)

「製薬業界は初めてですが、
日英秘書や事務の経験を生かして新たな業界に挑戦」
英文事務・部門アシスタントを担当

ファイザー株式会社

日英の秘書や大学院での事務の経験を生かして、製薬業界にチャレンジ!現在、ファイザーで英語を生かした事務や部内サポートを担当しています。


英文メール・テレカン・ビジター対応など何かしら英語に触れる環境です

―現在のお仕事内容と、英語の使用状況は

部門でのアシスタントとして、スケジュール管理、来客対応、会議設定、資料作成などを行っています。所属している部署はグローバル組織のため、レポート先は海外です。業務で使用するメールの3割は英文メールです。英語でのテレフォンカンファレンスや海外からのビジターなども頻繁なので、日々、何かしらの英語に触れることになります。アドミ業務でも、メールの読み書きを中心に、英語を使用する機会はたくさんあります。特に、自分宛の英文メールでなくても必ず目を通し、周りの状況を常に把握することが必要です。

ファイザーは向上心の高い方も多く、モチベーションがあがります

―このお仕事に就くきかっけは

これまでは、大学院での事務や企業での日英の秘書をしていました。それらの経験を生かせる仕事を希望しておりました。製薬業界の経験も知識もありませんでしたが、製品データや資料を収集し、論文を作成し、医療現場での適性使用をサポートするという部門での仕事であるため、大学院での事務経験が生かして、新たな業界にチャレンジできると思い、興味を持ちました。

―職場の雰囲気を教えてください

女性が多く活躍していることに驚きました。社内はフリーデスク制で、携帯電話とPCのみで席は自由に移動できます。また、一人で集中して作業を行うための一人席や、共有スペース、カフェなどもあり、自由な雰囲気です。みな、ワークライフバランスを意識した働き方をしていると思います。


―ファイザーで働いていて、スキルアップにつながることは

定期的に社内勉強会があり、各部署が持ち回りで担当し、誰でも自由に参加できます。マーケティング、営業、経理、広報など、さまざまな視点・観点で業界動向やファイザーの製品、また病気自体についてなど知ることができ、視野を広げる事ができます。ファイザーでは、向上心の高い方が多く、一緒に仕事をすることで私自身も影響を受け、モチベーションもあがります。

この会社の求人情報を見る