愛され派遣への道 応援したい、スキルアップ!

応援したい!スキルアップする「愛され派遣」
―スキルはあなたを支えます―

業務に慣れてきて、気持ちに余裕が生まれるといろいろなことに気が付きます。社員の方や、他の派遣社員の業務内容も少しずつ見えてきて、その業界や職場でニーズのあるスキルが分かることもあります。そのようなスキルが分かったときは、チャンスです。先を見据えてスキルアップすることを検討しましょう。
職場においても、向上心を持って積極的に業務に取り組む姿は好感度が高く、一緒に働く仲間からエールを送られることも。また、スキルの幅が広がれば業務内容も広がり、ますます頼られる「愛され派遣」に成長できるでしょう。

生かせるスキル ― 気になるランキング結果は!?

生かせる事務系スキル:2014年4月〜6月(アデコ株式会社調べ)
順位 スキル・資格 業務例
1位 TOEIC(700〜800以上) 英文事務、翻訳を含む事務など
2位 TOEIC(500〜600程度) 英語での簡単なメール・電話対応
3位 簿記(2〜3級程度) 決算業務、原価計算、仕訳など
4位 電話・接遇対応 問い合わせ対応・来客対応など
5位 受発注 スケジュール管理や連絡・調整、各種予約など
6位 給与計算 社会保険労務士資格もあると有利
7位 証券外務員 株式、投資信託、債権の販売や営業活動
8位 Excel セル操作から表・グラフ作成まで
9位 英会話(日常会話程度) 社内外で外国人とのやりとり、コレポン(※)
10位 SAP 受発注、出荷・出庫、予算管理、仕分など

(※)海外との手紙やFAX、メールなど、特に文書のやり取りを指します。

やっぱり花形! 英語系のスキル

第1位と2位にTOEIC、9位に英会話(日常会話レベル)と、英語系スキルが3つランクインしています。TOEICが500〜600点程度では英文事務や外資系企業での営業事務、700〜800点以上では翻訳・通訳の仕事なども増えてきます。2020年には東京オリンピックが開催されることもあり、英語系のスキルは今後ますます需要が伸びると予測されます。

事務系の人気は簿記(2〜3級)

経理や経理事務などの業務で生かせるのが、簿記の資格。気になる資格取得の難易度ですが、まったくの未経験の場合、3級であれば100時間ほどの学習時間で合格できるといわれています。1日1時間の勉強でも約3カ月で取得できる可能性がありますので、仕事や家事と両立しながらでも合格を目指せる資格といえるでしょう。

事務系派遣のキホン! Microsoft Office系のスキル

第8位のExcelについては、業務内容によって求められるレベルが異なります。Microsoft office Specialist(MOS)の資格を取得しておくと、客観的にスキルを証明できるのでオススメです。また、合わせてPowerPointやAccessが使えると、仕事の幅がぐっと広がります。

求められるIT系スキルは?

SE・プログラマーであれば、UMLによるオブジェクト指向設計ができること。Web系プログラマーではJavaやPHP、C#、VB.NET。ネットワークエンジニアには、MCP、CCNA、CCNP、LPIC、SCSAといったベンダー認定資格が求められています。IT・エンジニアの派遣でも、設計の技術やコミュニケーション能力などのヒューマンスキルを磨いておくと、派遣先企業から高い信頼を得ることができるでしょう。

アデコもあなたのスキルアップをバックアップ!

レベルや目的に合わせた英語講座や、Microsoft Office系(Word、Excel、PowerPoint、Access)をはじめとするOA講座などのアデコフリータイム講座や提携スクールをご用意しています。また、その他の技術や資格についても、提携スクールの入学金・受講料が割引になるなど、幅広くサポートを行っています。

さて、ここまでニーズのあるスキルについて見てきましたが、やはり一番大切なのは業務に取り組むあなたの姿勢です。スキルが浅い段階でも、向上心を持って頑張るあなたの姿を見て、社員の方が未経験の業務に挑戦させてくれるチャンスがあるかも! ぜひあなたも自分の持っている能力を伸ばし、業務で成果を出すために、さらなるスキルアップを目指してくださいね。